大人気舞台「星屑の町」が映画化され、のんがヒロイン役で出演することが決定しました!

2019.04.30

2020年公開予定の映画「星屑の町」にて、のんがヒロイン役で出演いたします!

「星屑の町」とは

地方回りの売れないムード歌謡コーラスグループ「山田修とハローナイツ」の悲哀を描く舞台「星屑の町」シリーズ。
劇作家・演出家の水谷龍二とラサール石井、小宮孝泰が「笑ってホロリとする作品」を作ることを目指し結成したユニット「星屑の会」によって平成6年に第1作「星屑の町・山田修とハローナイツ物語」が上演されたのを皮切りに全国各地で作品を上演し、平成28年には第7作目となる「完結編」、さらに平成31年冬にはアンコール上演されるなど、25年に渡って愛され続けました。
そんな大人気作品の集大成として、舞台とは一味違った魅力を満載した映画『星屑の町』の制作が、このほど決定。
昭和の時代を生きた者なら誰もが口ずさんだことのある昭和歌謡の名曲たちに乗せて “笑ってホロリとして帰り道には歌を口ずさんでしまう”大人のための音楽娯楽映画が誕生します。
映画『星屑の町』は、映画『の・ようなもの のようなもの』の杉山泰一監督がメガホンを取り、2020年劇場公開を予定しています。

今回のんは、東北の田舎町で歌手になる事を夢見ながらスナックを経営する母と暮らすヒロイン・愛を演じます。
愛は歌手になる夢を叶えるため、地方巡業にやって来たハローナイツに入れてもらうために奮闘します。
のんにとってゆかりの深い岩手県・久慈市でもロケーションが行われ、第二の故郷とも言える思い出の地を舞台にどんな物語が展開されるのでしょうか。
ハローナイツと共に昭和歌謡を歌唱するシーンも撮影されますので、お楽しみに!

【のんコメント】

この、『絶対楽しい映像になる…』という予感がするキャストの皆様に混じって映画に参加できることが幸せでなりません。
久々の映画なので、気合いが入っております。楽しみ!

【作品情報】

原作・脚本:水谷龍二
監督:杉山泰一(映画『の・ようなもの のようなもの』、 ドラマ「相棒」他)
キャスト:大平サブロー ラサール石井 小宮孝泰 渡辺哲 でんでん 有薗芳記
菅原大吉 /のん /戸田恵子
製作:映画『星屑の町』製作委員会(幹事会社:メディアプルポ、ヒコーキ・フィルムズ)
配給:東映ビデオ
© 2020映画『星屑の町』製作委員会
【公開表記】2020年 劇場公開

【公式Twitter】@hoshikuzu_movie