映画「私をくいとめて」(綿矢りささん原作・大九明子監督)が第33回東京国際映画祭「TOKYO プレミア2020」部門【観客賞】を受賞しました!

2020.11.10
null

2020年11月10日に第33回東京国際映画祭クロージングセレモニーが行われ、今年唯⼀のコンペティション部門である「TOKYOプレミア2020」部門で、⼀般観客の投票で最も多くの支持を獲得した【観客賞】を、「私をくいとめて」が受賞したことが発表されました。

授賞式には、『勝手にふるえてろ』(2017年)以来、史上初となる2度目の受賞を果たした大九明子監督、本作の主演を務めるのんが登壇いたしました。

【観客賞】受賞についてのんからのコメント
「この度はこのような素敵な賞をいただき、ありがとうございます。
今年はこの「観客賞」が唯⼀の賞になるそうですが、観客の皆さんに応援いただいた作品ということで、嬉しく思っています。私ごとではありますが、この作品で何年振りかに主役として⼤九監督に呼んでいただき、この映画に参加させていただけたことに⼼から喜びでいっぱいです。
スタッフ、キャストを代表して監督とともに感謝の気持ちをお伝えできればと思います。本当にありがとうございます。映画というのは観客の⽅に⾒ていただき、初めて完成するものだと思いますので、今回いただいた賞を大切に受け止めたいと思います。
本作は、12月18日より全国公開となります。観ていただいた皆さんと⼀緒にこの映画を⼀緒に盛り上げていけ
たらと思いますので、面白いと思っていただいた方には、ぜひ、SNSでの口コミや周りのお友達にオススメしていただけたら嬉しいなと思います。たくさんの方に観ていただけるよう、⼀緒に頑張りましょう!ありがとうございました。」

【「私をくいとめて」あらすじ】
31歳になり、おひとりさまもすっかり板についてきた黒田みつ子(のん)。
みつ子がひとりきりでも楽しく生活できているのには訳がある。脳内に相談役「A」がいるのだ。
人間関係や身の振り方に迷ったときはもう一人の自分「A」がいつも正しいアンサーをくれる。
「A」と一緒に平和なおひとりさまライフがずっと続くと思っていたそんなある日、みつ子は年下の営業マン多田くん(林遣都)に恋をしてしまう。
きっと多田くんと自分は両思いだと信じて、ひとりの生活に慣れきってしまったみつ子は20代の頃のように勇敢になれない自分に戸惑いながらも、一歩前へと踏みだすことに…。

【「私をくいとめて」作品情報】
原作:綿矢りさ「私をくいとめて」(朝日文庫/朝日新聞出版刊)
監督・脚本:大九明子 音楽:髙野正樹
劇中歌 大滝詠一「君は天然色」(THE NIAGARA ENTERPRISES.)

出演:のん 林遣都 臼田あさ美 若林拓也 前野朋哉 山田真歩 片桐はいり/橋本愛
製作幹事・配給:日活
制作プロダクション:RIKIプロジェクト
企画協力:猿と蛇
©2020『私をくいとめて』製作委員会

公式HP kuitomete.jp

公式twiter @kuitometemovie

映画「私をくいとめて」は12/18(金)より全国ロードショーです!
ぜひご期待ください!

「私をくいとめて」情報過去記事リンク集!
公開まで、色々な情報をお楽しみに!

・11月6日
映画『私をくいとめて』完成披露試写舞台挨拶(第33回東京国際映画祭)に登壇いたしました。
https://nondesu.jp/10445/

・10月20日
のん主演映画「私をくいとめて」の本予告映像&追加キャスト解禁&ポスタービジュアル解禁!!さらに、11月5日東京国際映画祭に登壇決定!
https://nondesu.jp/10312/

・9月29日
のん主演映画「私をくいとめて」(綿矢りささん原作・大九明子監督)が、第33回東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」部門に出品されることが決定いたしました!【追記あり】
https://nondesu.jp/9972/

・9月16日
のん主演映画「私をくいとめて」の特報映像&追加キャスト解禁!さらに、公開日が決定しました!
https://nondesu.jp/9789/

・7月22日
綿矢りさ原作の小説「私をくいとめて」が、のん主演で実写映画化されることが決定しました!
https://nondesu.jp/9325/